保存方法 | 蒲鉾(かまぼこ)等、練り物の通販なら|1923年創業【丸八蒲鉾】

本社直売所 兵庫県神戸市中央区 琴ノ緒町3-3-5 ミナイチ店 兵庫県神戸市兵庫区荒田町 1-22-101ミナイチビル1F
  • ショップページへ
  • ログイン

保存方法 | 蒲鉾(かまぼこ)等、練り物の通販なら|1923年創業【丸八蒲鉾】

トップページ >> 保存方法

練り物の保存方法

ちくわの保存方法

ちくわは棒状のままでの冷凍保存が可能ですが、5mmほどのサイズで輪切りにして冷凍保存すると他の料理を作る際にそのまま使用できるので重宝します。

ラップで包み冷凍保存袋などにいれて完全密封してから冷凍保存しましょう。

冷凍保存した後、ちくわを煮物や炒めものなどにする場合は、解凍しないでそのまま調理することができます。

おひたしや和え物、サラダにする場合は、冷蔵庫に移動して自然解凍した後に調理を行なうようにしてください。

また、はんぺんも同じ方法で保存することが可能です。

かまぼこの保存方法

かまぼこは生ものですので、乾燥して水分が失われるのを防ぐため、なるべく空気に触れないようにラップをぴったり巻いてから保存するようにしましょう。

チルド室で保存すると美味しさをより長く保つこと ができます。

また、かまぼこ板が付いている場合は、取らずに板ごとラップに包んで保存することをおすすめします。

かまぼこの板には、かまぼこから出た余分な水分を吸収する役割と、かまぼこが乾燥してきた際に、水分をかまぼこへ戻してくれる役割があります。

そのため、板を付けたまま保存すると美味しさが長持ちします。

さつま揚げの保存方法

さつま揚げは調理の際に揚げているので、空気を抜きながらラップに包み、冷凍保存すると美味しさを長持ちできます。

そのまま冷凍しても、カットしてから冷凍しても良いですが、小分けにしておくと料理する際にさっと調理できるのでとても便利です。

冷凍保存した後、さつま揚げを煮物で使用する場合は、解凍しないでそのまま出し汁に入れて煮込むことができます。

また、出来たてのような味を楽しみたい時には、解凍したものをオーブントースターで焼くととても美味しく頂けます。

丸八蒲鉾では、かまぼこやちくわ、すり身の天ぷらなど練り物の通販を行っております。

初めての方におすすめの「丸八蒲鉾のおためしセット」は、こだわりをもって丁寧に作り上げた様々な天ぷらの味をお手軽価格にてお楽しみ頂ける人気の商品です。


また、その他にも高級ギフトセットの販売も行っております。

高級ギフトセットは、人気の鱧入り天ぷらを詰め込んでおり、贈り物にも最適です。通販にて練り物のお取り寄せをお考えでしたら、丸八蒲鉾の通販を是非ご利用ください。

お召し上がり方
ページトップへ